a4(エーフォー)鼻下ヒゲ脱毛体験

元々体毛はそんなに濃い方では無いんですが、ヒゲだけは以前から結構気になってて。コンプレックスって程ではないですが、どこかネガティヴに感じていたのも事実。

 

しかも僕の場合、毎夜風呂に入った時に安全カミソリで下剃りしてから、翌朝電気シェーバーでも改めて剃ってる。ちなみにこれはヒゲが「めちゃくちゃ濃いからでは無く、「うぶ毛」も含めてキレイに剃ってサッパリしたいからなんですが。わかります?あの顔剃りしてる時のぞゾリゾリ感!

 

それなのに!!!ええそれなのに!!!!

 

写真に撮った自分の顔を見ると若干口のまわりが青〜くなってる。

 

20代前半の時は気にならなかったんですがね〜。30近くなってからちょっとオヤジっぽさを助長されてる気がしてならない。

 

そんな訳で意を決し、人生初体験ヒゲ脱毛に行って来ました。

 

いざサロンへ

今回お世話になるのはメンズサロンa4(エー・フォー)さん。

 

こちらは銀座、青山などで女性用サロンも経営するアポリネール・グループの男性専用サロンだそうです。

 

新宿から中央線に揺られサロンのある御茶ノ水へ。

 

日が暮れてからだったので周りの風景はよくわかりませんでしたが、場所は駅近くの大通りに佇むビルの4F。結構古めかしいビルです。4Fへの入り口がビルの横っ面にあるので、最初ちょっとわかりにくい。

 

エレベーターで4階に上がるとご覧のような看板がありまして、奥にエントランスがありドアが開いている。これが昔の団地チックな鉄のドアでちょっと懐かしかった。サロンって言うよりも誰かの家に遊びに来たみたい。元々は居住用のマンションだったのかしら。

 

玄関で靴を脱ぎスリッパに履き替え(この動作も家っぽい)、予約している旨を伝え待合い室に通される。サロンの中はいたってシンプル、玄関、待合室、短い廊下、施術室のみ。奥にも部屋(たぶん洗面所)が一つくらいあるかもしれないけど、そちらはお客は入れないので不明。

 

で、従業員もエステティシャンの女性が一人いるだけ。まるでプライベート・サロンのような雰囲気じゃあーりませんか。

 

待合室もかすかに音楽が流れリラックスした雰囲気。緊張してたけどこれはちょっと安心。待ってる間出された紅茶には生姜入りの蜂蜜が添えられ、これを溶かすととっても美味しい。体が温まる。

 

カウンセリング

 

紅茶を飲みつつカウンセリングシートを記入。脱毛体験の有無、健康状態のチェックなど。僕の場合至って健康体なので病気・薬などの特記事項無し。脱毛には関係ないけど虫歯も無し!エッヘン!

 

次に「脱毛施術依頼書」を熟読し、サイン。これはサロンで行われる施術の安全性を説明したもので、これに同意した上で施術を受けます、という同意書のようなもの。どこのサロンでもこういうのあるんですかね。

 

記入し終わるとエステティシャンの方がやって来て、カウンセリング、施術に対しての説明など。

 

ちなみにサロンのHPに「無料カウンセリング・無料テスト脱毛受け付け中」とあったので質問してみたのですが、あくまでテスト施術にとどまるものらしいので、今回は効果を少しでも実感したかったのでやはり本来の脱毛コースでやってもらう事にしました。

 

でこちらのエステティシャンの女性の説明がテキパキと明快で非常にわかりやすい!さすがプロフェッショナル。

 

説明によるとこちらa4さんの脱毛技術はP-NAINと呼ばれる機会を使い、皮膚(毛根)に強い光を当てて脱毛効果を期待するもの。オフィシャルサイトを参照した上で補足すると、毛根を破壊するのではなく幹細胞の機能を停止させる“選択的温熱脱毛法”らしいです。なんかむつかしい。

 

ここで重要なのが「レーザー脱毛など他の脱毛法に比べても痛みが少ない脱毛法である」と言う事。これを聞いて一安心。なんせ人生初の経験ですからちょっとでも痛くない方がいい。痛いの寒いのキライ。

 

ところが安心したのも束の間、「実は鼻下ヒゲ脱毛が一番痛いんです」とおっしゃる。理由→他の部位に比べ毛根が多いから。がーんがーんがーん!ちょっと怯む。。。

 

しかしここで引き下がってはイケナイ。若干顔を引きつらせつつも「はい、それでも構いません。やって下さい!」と告げ(こんな芝居がかってはないですが)、いざ施術室へ。

 

テスト施術

 

施術室はひとり分のベッドの他は脱毛用の機械と荷物用の棚などが置かれているだけの、こちらもシンプルかつリラックスした空間。

 

まずは最初にテストとして毛のない場所(腕の内側)に光を照射。最初は少し離れたところから一発、次はもう少し近づいて二発目。まだまだほんのりと皮膚が温かく感じる程度。ちなみに一発二発って数え方してるのは照射がカメラのフラッシュみたく瞬間的に「パシッ」と光るものだからです。

 

そして三発目は皮膚に直接機械の先端を当てて照射。ちょっとビビる。さすがに熱さが増すのかと思いきや逆にひんやり!冷たい!

 

これは照射用端末に冷却装置が組み込まれているためらしい。

 

折れかけた心がもち直し、余裕が生まれる。もういつでも来い。今来い。

 

いよいよ鼻下の施術へ

 

そしていよいよ鼻下へ照射開始。

 

目の上にタオルをかけられる、ヒゲの部分にはボールペンで何か書かれジェルを塗りたくられる。

 

「じゃあやって行きますねと」声をかけられ緊張のこころもちで一発お見舞いされる。

 

 

パシッ!

 

 

ん。

 

ちょ、ちょっと痛い。エステティシャンさん曰く「輪ゴムで軽くはじかれたような」痛みを2割3分増ししたくらいの。

 

テスト照射は腕の内側で毛が無かったので痛くなはかったが、さすがにヒゲは毛根が多いので痛くなるらしい。毛根をはじめとする黒いものに反応するんですね。

 

さらに二、三発。

 

 

う、これは。やはりちょっと痛い

 

まあでもですよ。これくらいの痛みなら耐えれるかなと思い、恐る恐る「ちなみにこれをあと何回くらいやるんですか」と尋ねると

 

「50ショット(照射)くらいですかね」(サラリと)

 

えっ!!?そんなに!?

 

耐えれるかしら。心折れそう。

 

そしてその後はビシバシと光を照射されていく。照射のたびに電気ショックにも似たチクッとした痛みと目の奥に光が走る(実際の光ではなく痛みによるもの)。

 

いやいやいやこれがですね。

 

一回一回の痛みは少なくても、連続で重なると結構痛いもんで。

 

段々と涙がちょちょぎれてくる

 

神経が涙腺に近いってのもあるとは思うんですが。

 

とは言え施術自体はかなりスピーディーに進むので、その痛みも数分で終わる。早めに終わってちょっとホッとした。時間にして5分ちょっとくらい?

 

後はアイスノン的な冷たいタオルを渡され自分で鼻下を冷やす事数分間。己との戦いが終わった事による安堵感が一気に押し寄せる。

 

施術終了

痛みはあったものの終わってみればあっという間。

 

最後はまた待合室に通され、皮膚のケアーなどに関する説明。

 

「ひょっとしたら今晩ちょっと腫れるかもしれませんが、一晩経てばそれも引きますよ」との事。

 

万一腫れが引かないようなら薬局で買えるサロン指定のジェルを塗布すれば治りは早いらしい。それもちゃんとリストにしてある用紙を頂けます。

 

「ヒゲ脱毛」とは言え一回だけの施術では翌日からもちろん普通にヒゲは生えてくるので、ちゃんと剃って、一週間後くらいにやっと「あれ、ちょっと薄くなってるかも?」と思えてくるらしい。まあ一回ではそんなものですよね。

 

で、本当に明確に脱毛の効果を実感したい(例えばつるっつるにする)なら最低4、5回以上は通って下さいとの事。しかも一か月は間隔をおいて。施術の間隔が近いと効果が半減するらしいです。

 

そして予約カードを渡されお会計。

 

鼻下ヒゲ脱毛30分1回にて¥4,000。

 

実際の施術時間は10分無いくらいでした。

 

お会計の際、「こちらの美容液がお勧めですよ」とか「次のご予約はいつにしますか」等、勧誘的な事があるのかなと思ってたんですが、意外にもそんなのは「一切無し」。好印象。あくまでお客の意志に任せる感じ。自社の技術によっぽど自信があるんでしょうね。

 

ヒゲ脱毛を終えて

 

そんな訳でa4での人生初体験のヒゲ脱毛は無事終了。

 

施術後のヒゲはこんな感じです(鼻下)。

 

あまり前と変わらない…て言うかさっきも書いたようにいきなりつるつるになる訳ではないのでこれはしょうがない。

 

やっぱりちょっと腫れてますが痛いって事はほとんど無いです。

 

結論としましては、、、

 

予想より痛みはあったが我慢できる範囲内
結構あっと言う間に終わる
30分\4,000はやや割高かなと思った

 

そんな感じでしょうか。

 

とりあえず一週間経ってみて少しは薄くなってるか、楽しみに待ちつつ、その後通い続けるのかどうか検討したいと思います!!!

 

他の箇所の脱毛も気になるところ。オフィシャルサイトでチェック!

 

a4(エーフォー)公式サイト

 

a4(エーフォー)エントリー一覧