光脱毛(フラッシュ脱毛)

黒い色素(毛)にエネルギーが集まる光(Intensive Pulse Light=IPL=フラッシュライト)を使用した脱毛法です。

 

現在国内では最もポピュラーな脱毛法で

エルセーヌMEN
a4
ピュウウォモ
ラ・パルレ

などで採用されています。

 

「光」とは、専用機器の端末からカメラのフラッシュのように「パシャッ!」「パシャッ!」照射される光線の事を指し、これによってヒゲの根元となる部分を破壊して、毛の成長を止める事による脱毛法です。

 

現在エステ業界では「痛みの少ない脱毛法」として広く行われている脱毛のようです。

 

本当に痛くないの?

「じゃあどれくらい痛みが少ないんだ」って話ですが、よくその痛みは
「輪ゴムで皮膚をパチンと弾かれる程度」
なんて例えれらます。

 

まあいい歳した大人だったらそれくらは余裕で我慢出来ますよね普通(笑)。

 

僕も「a4」「ピュウウォモ」でこの光脱毛を体験して来ました。

 

実際、確かに痛みは少ないんですが、、、

 

ただ、この「痛くない」というのは「それ程光の照射出力を上げていないから」って証拠でもあるんですね。

 

痛みが少ない=低出力=効果が薄い

本来、脱毛と言うのは肌が火傷するかしないかくらいの強めの出力でないとある程度の効果が得られないらしいです。そりゃそうですよね、毛乳頭を「破壊」する訳ですから。

 

なので、ほとんどのサロンでは、火傷などの肌トラブルが起こらないよう、光の照射エネルギーが20J(J=エネルギーの単位)以下に抑えられているそうです。病院などの医療用脱毛機は40J以上の出力が可能らしいので、これはかなり少ない数字ですよね。

 

低出力で照射するため、それなりの効果を得るには何度も通う必要があります。

 

例えば鼻下やアゴのヒゲ脱毛だと、ツルツルに薄くするまでには最低5〜10回以上は通わねばならず、費用も軽く10万円を超えてしまいます。まあこれを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、、、

 

サロンごとの違いってあるの?

様々なサロンで行われている光脱毛法ですが、同じ光脱毛を採用していてもサロンによって効果に差はあるのか?気になるところですよね。

 

なので一度、カウンセリングの時に質問してみたんです。

 

「○○さん(他のサロン)でも光脱毛をしてますけど、実際どう違うんですか?」

 

で、その答えは「光を当てて毛根を破壊して行くという意味ではどこも同じ」だそう。

 

ただ僕の体験も踏まえて言うならば、サロンごとの違いというのはやはり存在するのではと思います。というか実際ありました。

 

そしてそのポイントは「冷却法」にあるようです。

 

冷却法による違い

光脱毛体験をしてきた「a4」「ピュウウォモ」を比べると「a4」の方が痛みが強かったんです。「パチン」というより「バチンッ!」って感じで。毛量の多い鼻下だった事もあり、若干涙がちょちょぎれました。(笑)

 

これは「a4」の光脱毛機器が「光の照射」と「照射面(肌)の冷却」を同時に行える端末を装備しているため、より出力を上げた照射が可能だからなんですね。

 

対して「ピュウウォモ」は機器で冷却する訳ではなく、肌面にジェルを塗布しての冷却だったので、それほど出力を上げていなかったのでしょう。

 

a4=比較的高出力なので若干痛みはあるがその分効果も期待大?
ピュウウォモ=とにかく無痛。苦にならない。

 

なので、多少痛くても早めに効果を実感したい方は是非「a4」、無痛で気軽に脱毛するなら「ピュウウォモ」がオススメですかね。

 

 

サロン選びのポイント

これから光脱毛を考えている方へのアドバイスとしては、価格や勧誘の有無の他に

 

光照射の出力
機器の冷却機能の有無

 

この2点をチェックした上で、サロンを選んでみると良いと思いますよ。効果にも差があるはずです!

光脱毛(フラッシュ脱毛)エントリー一覧