ニードル脱毛(針脱毛)

数ある脱毛法のなかでも、最も痛いとされるニードル脱毛法。電気脱毛とも呼ばれています。
その痛みは「悶絶級」とも言われ、実は、、、僕もビビってまだ体験した事がありません(笑)

 

このニードル脱毛法を採用しいてる代表的なサロンとしては

 

ダンディハウス
メンズTBC

などが挙げられます。

 

針をぶっさす!

その脱毛法とは、、、

 

細い針を毛穴の根元近くまで差し込み、電気または高周波を直接毛根に流す事によって毛根部を焼いて破壊し、毛が再生するのを停止させる技術です。

 

このため毛根の燃焼時には猛烈な痛みを伴います。

 

って書いてるだけで痛くなって来た(笑)

 

ちなみに脱毛する箇所は必ず毛をある程度伸ばしておかないといけません。サービス業に従事する方などは、常にヒゲは剃っておかなくてはならないと思いますので、ちょっと注意せねばなりませんね。

 

どこで受けられるの?

この脱毛法は医療機関(病院)、エステの両方で行われています。

 

病院で受ける場合は麻酔をかける事で痛みの緩和も可能ですが、エステで受ける場合、麻酔をかける事が出来ないので注意が必要。

 

医療機関の場合はアフターケアについてはそれほど心配する必要はありませんが、エステで受ける場合は実績や評判などしっかり調べておく必要がありそうですね。

 

どちらにしろ高い技術力を必要とする脱毛法なので、きちんと下調べした上で信頼出来る病院かエステを選びましょう。

 

あえてニードル脱毛を選ぶメリットとは?

近年、光脱毛やレーザー脱毛など痛みの少ない脱毛法が広く普及して来たのにも関わらず、何故そこまで痛い思いをしてまでニードルを選ぶ理由があるか、、、?

 

強いて述べるなら、光脱毛とレーザー脱毛は一度脱毛処理をした後、毛が再生して来る可能性があると言われいるのに対し、ニードル脱毛は半永久的な脱毛が約束されている点でしょうね。

 

ただ実際のところ、光脱毛もレーザー脱毛も一度脱毛してしまえば、再生してくる事はなかなか無いそうなので、そこまでニードル脱毛の半永久性にメリットがあるとは言えないですよねえ。

 

ひとつメリットが挙げられるとすれば、光やレーザーと違って黒い色素に反応する訳では無いので、色素沈着している部分の脱毛、埋没毛などに対しても有効だと言えますね。

 

あとは、毛穴一つに対して針一本で処理するので、脱毛のかなり細かい調整が出来るところでしょうか。

 

黒い毛以外にも有効
毛量の細かな調節が可能

 

この2点のメリットを考慮すると、例えば眉毛やうぶ毛などの脱毛、デザインヒゲなどにも向いている脱毛法だと言えると思います!

ニードル脱毛(針脱毛)エントリー一覧